低コストで高品質な家を建てるならサカエ建設が一押し

ローコストな住宅造りとは

室内

断熱に特化した取り組み

建設会社に注文住宅を依頼するときの選択肢の一つがローコスト住宅になります。サカエ建設では独自の工法によりローコストなだけでなく暮らしやすい住宅造りを行っています。サカエ建設とは、木造住宅等の住宅建築を行う建設会社になります。本社は神奈川県にあり、東京と札幌に支社を構えて運営しています。神奈川県での実績も多くあり、住民の認知度もある会社です。建築依頼にサカエ建設を利用する場合はその特徴について知っておきましょう。サカエ建設の住宅造りで特徴的なのが断熱に特化した工法になります。その一つはダブル断熱と呼ばれるもので構造用合板に対して内側と外側の両面に断熱材を取り入れることで一般的な造り以上の断熱性能を発揮しているのです。断熱性が高まると冬は温めた室内の熱を外へ逃しにくくし、夏は外からの熱を室内へ通しにくくするので冷暖房費の節約になります。他にはALCといって断熱性の高い軽量気泡コンクリートを外壁材として用いているのも特徴です。断熱性を高める工法に窯業系サイディング等もありますが、ALCは高い熱伝導抵抗値を誇っています。そして、サッシや窓ガラスも高断熱なつくりをしています。サッシにはアルミや樹脂アルミの複合サッシを使うことで断熱性を高め結露を予防しています。窓ガラスにも断熱性だけでなく遮熱性も高めた素材を採用。これにより熱の貫流を防ぐだけでなく外の日差しも約60%カットすることができ室内を快適に過ごしやすくします。こういった断熱に特化した住宅造りをローコストで実現していることがサカエ建設の特徴ともいえます。